MCUD野田尾崎|中里工業団地に位置し施設の24時間稼働可能・配送効率を高める国道16号線治い|2022年7月竣エ予定 MCUD野田尾崎|中里工業団地に位置し施設の24時間稼働可能・配送効率を高める国道16号線治い|2022年7月竣エ予定

EVENT

2022年7月の竣工に先駆けてMCUD野田Ⅰ現場見学会を開催!

埼玉と千葉を結び国道16号線に隣接し、関東一園の物流を強力にサポートするMCUD野田Ⅰの竣工に先駆けて、
企業様向けの現場見学会の開催が決定いたしました。
竣工前の施設を実際に確認しできるまたとない機会です。ご都合にあわてぜひご参加ください。

開催概要

物件所在地
MCUD野田Ⅰ

〒270-0235 千葉県野田市尾崎2325番2(地番)

Google maps >
開催日時

・6月27日(月)
①第1回(10:00) / ②第2回(13:00) / ③第3回(15:00)

・6月28日(火)
①第1回(10:00) / ②第2回(13:00) / ③第3回(15:00)

※両日程共に①、③の時間枠については、内覧終了後にMCUD野田Ⅱ(約7,200坪)までご移動いただき、開発状況を見学いただく予定です。
※両日②の時間枠については、時間都合によりMCUD野田Ⅰ内覧会のみとさせていただきます。
※MCUD野田Ⅱ詳細ページ:https://logistics.mcud.co.jp/nodananakoudai/

アクセス

【集合場所】
MCUD野田Ⅰ 現地

【電車でお越しの場合】
東武アーバンパークライン「川間」駅より送迎バスをご利用ください。

【お車でお越しの場合】
来場者用駐車場をご利用ください。(開発施設の近隣敷地にご用意しております。)

※送迎バス、駐車場の詳しい内容については、お申込み完了後、ご案内させていただく予定です。

申し込み方法

【事前予約制】
下記の専用フォームよりお申込み下さい。
申し込みが完了しましたら、詳細のご案内をメールにてお送りいたします。

※お申し込み締切り:2022年6月23日(木)17:00必着

※物件の概要や内覧会の内容について、ご不明な点ございましたら、以下まで気軽にお問合せください。

その他の
ご連絡事項
  • 三菱商事株式会社によるシェアリング倉庫/月額制倉庫ロボットサービスセミナーを開催予定です。
  • 内覧いただく会場は建築中の工事現場となります。当日は、歩きやすい靴、動きやすい服装でご来場下さい。
  • 内覧会当日は、新型コロナウィルス感染予防として、マスク装着の徹底や手指の消毒など弊社の感染症予防の対策にご理解、ご協力をお願い致します。
  • 各回とも予定した定員になり次第、申し込みを締め切らせていただく場合が御座いますので、予めご了承願います。

LOCATION

国道16号の沿線に竣工2つのICを利用できるため東京23区、関東一円へ効率的にアクセス

埼玉と千葉の主要部を結び、東京近郊の物流・交通網としても高い利便性を誇る国道16号のすぐ側に立地しており、常磐自動車道の「柏」ICを利用することで東京・千葉方面へ。
東北自動車道の「岩槻」ICを経由してさいたま、川越方面へと運送ルートを確保。

広域マップ
  • 東京駅へ約50分

    国道16号線を千葉方面へ進み、常磐自動車道「柏」ICを経由することで、東京23区内までおよそ50分(約48km)で到着。道中も人口の多いエリアを経由するため、東京都内に効率的な配送を実現致します。

  • さいたま市へ約50分

    豊富な人口を抱える埼玉主要部へおおむね50分(約35km)でアクセスできるため、消費地に対する効率的な配送を促し、運送の時間コストを削減。貴社のビジネスの効率化を物流側面からサポートします。

ACCESS

公共交通機関でも通勤可能中里工業団地に立地し雇用確保にも有利なエリア

施設は工場や企業も多い千葉県中里工業団地に位置しており、
東武野田線と朝日自動車(バス)を利用しての通勤も可能。
国道16号の沿線にあるため、マイカー通勤も便利な立地となっています。

電車での通勤

電車での通勤

通勤での利用者数も多い東部野田線の川間駅から徒歩や自転車、バスを利用しての通勤が可能。
朝日自動車を利用することで、約13分で施設まで到着可能な、通勤にも便利な立地となっっています。

交通機関でのアクセスについて
  • ※バスでの所要時間はバス運営会社の時刻表による参考値となり、実際の交通状況に応じて異なります。

FACILITY

最大3区画まで分割賃貸可能柔軟な使い方が実現できるマルチテナント物流施設

多様な業種の物流ニーズに対応できる臨機応変で自由な平面プランは、最大3分割まで分割賃貸可能なので、貴社のビジネスを物流側面からサポートいたします。また、中里工業団地内の施設で、24時間の操業が可能です。
BELS(築物省エネルギー性能表示制度)最高ランクの認証取得を予定であり、環境に配慮した物流施設です。

  • 1F 平面図

    トラックバースへの乗り入れをスムーズに行えるよう、敷地への通用口を2ヶ所設置。駐輪場・駐車場も余裕のある個数を確保しています。

  • 2F 平面図

    全館賃貸・分割賃貸のどちらの利用方法でも物流効率を下げないように、各所に上下階への垂直搬送機・荷物用EVを確保。

  • 3F 平面図

    全館を通じて余裕のある梁下高さをもち、高い荷物保管能力を有しています。また、事務所スペースも各所に設けており、多様な運用方法へ対応可能となっています。

凡例
倉庫スペース
トラックバース
事務所スペース
共用部

※面積やプランに関しては今後変更になる可能性があることを予めご了承ください。

  • 計画地
    ※イメージ写真です。実際の物件とは異なります。

    野田市中里工業団地に立地し、
    施設の24時間稼働が可能。
    時間に捕われない施設運用を実現。

    計画地は多数の工場、倉庫が集合する千葉県有数の工業団地である「中里工業団地」に位置し、施設の24時間操業に対応しております。工業団地内という立地により騒音問題といったクレームなどの心配が不要で、高いパフォーマンスを発揮。
    貴社のビジネスを物流からサポートいたします。

  • 防災備品
    ※イメージ写真です。実際の物件とは異なります。

    防災備品を十分にストックしており、
    災害が発生した際にも対応可能。

    施設にはマンホールトイレ等の防災用品を十分にストックしており、また受水槽の非常用水栓を整備、万が一災害が発生した際に避難所として施設を利用することも可能であり、貴社のBCP対策に貢献します。

  • 貨物用エレベーター
    ※イメージ写真です。実際の物件とは異なります。

    貨物用エレベーター4台、
    垂直搬送機6台と充実した搬送機能を
    配置し、倉庫内での上下搬送もスムーズ。

    分割賃貸も視野に入れ、貨物用エレベーター4台、垂直搬送機を6台設置。広々とした平面プランでありながら、どこからでも荷物の上下移送を可能にし、庫内のオペレーション効率化に対応します。

  • 全館LED照明
    ※イメージ写真です。実際の物件とは異なります。

    全館LED照明

    施設内は全てLED照明となっており24時間の施設稼働を行っても電気代を削減可能です。

  • 駐⾞スペース
    ※イメージ写真です。実際の物件とは異なります。

    駐⾞スペース

    国道16号線沿いの車両アクセスの良い立地にあり、駐車場を50台完備しており、車での通勤にも便利です。

  • 駐輪スペース
    ※イメージ写真です。実際の物件とは異なります。

    駐輪スペース

    電車・バスといった公共交通はもちろん、近隣の駅から自転車での通勤も可能です。

OUTLINE

各階面積表

フロア 倉庫面積 トラック
バース
事務所エリア 合計
3F 3,224.97坪 90.34坪 3,314.30坪
2F 3,115.53坪 198.78坪 3,314.30坪
1F 2,419.55坪 571.68坪 321.14坪 3,322.36坪
合計 8,769.05坪 571.68坪 610.25坪 9,950.97坪

施設概要

住所 千葉県野田市尾崎2325番2
敷地面積 約17,900.20m²(約5,414.81坪)
延床面積 約32,800m²(約9,922坪)
賃貸面積 約9,950坪
竣工時期 2022年7月(予定)
入居時期 2022年8月(予定)
用途 工業専用地域
建蔽率・容積率 70%(角地緩和) / 200%
積載荷重 全階1.5t/m²
梁下有効高 全階5.5m
館内照明 全館LED照明
荷物用EV 4基
寸法:W3.6m×D3.0m×H3.0m
積載量:3.5t
 
垂直搬送機 6基
パレット寸法(最大):W1.5m×D1.5m×H2.5m
積載量:1.5t
駐車場台数 乗⽤⾞⽤:50台 /
駐輪場台数:約130台

注意事項

  • 定期建物賃貸借契約でのご契約となります。
  • 賃料・敷⾦等経済条件については、営業担当者にお問合せください。
  • ⾯積やプランについて今後変更となる可能性があることを予めご了承願います。
  • 賃料発⽣対象エリアは「⾯積表」の通りとなります。
  • 各種環境認証の取得及びランクについては今後決定予定であり確約するものではありません。

その他、建物仕様などご不明点な点があれば、営業担当者にお問合せください。

物流開発事業ブランド、
「MCUD」シリーズ。

当社は三菱商事グループの情報網や知⾒を駆使し、テナントや投資家のニーズに即した物流施設ブランド“MCUD”シリーズを開発していきます。
⻘⾊と⾚⾊の2⾊で表現したブランドシンボルマークは、⼈間の⾝体の隅々に⾎液を送り届ける動脈と静脈の⾎管をイメージ。
物流が社会に価値を送り届ける経済のインフラ事業として、重要な責務を担っていることを表現しています。

MCUD物流施設⼀覧  

CONTACT

施設についてのお問い合わせ

当物件についてのご質問・お問い合わせはメールフォームよりご連絡ください。
営業担当がご要望に応じて適切なご案内をさせていただきます。

お問い合わせフォームはこちら  
loading...